ホーム > 地域:日本 > プレスリリース

地域:日本


2017年7月26日
『フード・エキスポ』に過去最大のジャパンパビリオン

『フード・エキスポ』に過去最大のジャパンパビリオン
~金融機関の出展が増加、取引先支援に弾み~

PDFダウンロードはこちらから 1502773266380_foodpressrelease26Jul2017.pdf

2017年7月26日 香港貿易発展局は2017年8月17日(木)~21日(月)に香港会議展覧センター(香港コンベンション&エキシビション・センター)で、食品・食材の総合見本市『フード・エキスポ』を開催いたします。第28回の開催となる今回は、世界約25カ国・地域から過去最多となる1500近い出展者が参加する見込みで、昨年の1391社・団体を上回り過去最多の記録となります。日本からも過去最多の330社・団体が出展し、例年同様に中国本土、香港を除き、海外勢としては最大の出展規模になります。今年はまた、日本がパートナー・カントリーに選ばれ、見本市全体でのジャパンパビリオンの存在がひときわ注目を集めると期待されます。本見本市には、日本の政府要人、国会議員、地方自治体代表者、各種団体幹部、金融機関幹部などが多数参加する見込みです。今年は2016年に香港貿易発展局と業務協力覚書(MOU)を締結した三重県が13小間23社、西武信用金庫が4小間4社の規模で初出展をします。また、地方銀行や信用金庫などによる地場企業のサポートが増えていることも今回の目立った特徴となっています。今年は農林中央金庫、日本政策金融公庫、十六銀行、北國銀行、山陰合同銀行、広島銀行、鹿児島相互信用金庫、りそな銀行、近畿大阪銀行といった金融機関の出展があります。

会期中は一般客が来場するパブリックホールのイベントステージにおいて、食・文化・観光・サービスをPRするイベントも多数開催される予定です。日本の出展者では、三重県、魚沼市、十六銀行、西武信用金庫、沖縄・ヤマト・ANAカーゴの5社・団体がイベントを予定し、8月17日、18、19日の3日間に集中して行われます。パブリックホールのイベントのほかに、ジェトロパビリオン内のイベントスペースでも多種多様なセミナーやイベントが予定されています。

香港貿易発展局はまた、8月17日(木)~19日(土)にお茶の総合見本市、第9回『香港インターナショナル・ティー・フェア』、8月17日(木)~21日(月)に香港の調理器具などの家電・日用品メーカーが一般来場者向けに商品を展示即売する第4回『香港家電&日用品展』、香港の美容・健康関連用品メーカーが一般来場者向けに商品を展示即売する第2回『ビューティー&ウェルネス・エキスポ』を開催します。会場はいずれも『フード・エキスポ』と同じ香港会議展覧センター。これら4つの展示会への出展者は合計で1900社・団体を上回る見込みです。

フード・エキスポ (2017年8月17日~21日)
今年第28回目を迎える食品・食材の総合見本市で、『香港インターナショナル・ティー・フェア』と同じ香港会議展覧センター(香港コンベンション&エキシビション・センター)で開催されます。会場内はプロのバイヤー向けの「Trade Hall(トレード・ホール)」、高級食品・食材が集まる「Gourmet Zone(グルメ・ゾーン)」、一般来場者向けの「Public Hall(パブリック・ゾーン)」に分かれます。今年は世界25カ国・地域から1400を超す出展者が参加する予定です。昨年は会期中に49万人以上の一般来場者が本見本市および同時開催の『香港家電&日用品展』、『ビューティー&ウェルネス・エキスポ』に来場しました。また、『フード・エキスポ』の「Trade Hall」には、2万1000人近いプロのバイヤーが来場しました。香港貿易発展局では、今年も同規模の来場者数を記録することを期待しています。

Trade Hall (2017年8月17日~19日)
本ホールでは、中国本土、イラン、日本、韓国、ポーランド、ウクライナ、米国、カナダ、チェコ、インド、タイといった国々のパビリオンが設けられます。また製品別では、「Halal Food(ハラル食品)」ゾーン、「Chinese Medicine(中国医学)」ゾーン、「Food and Agricultural Technology zone(食品・農業技術)」ゾーンなどが設けられます。「Trade Hall」は8月17日(木)、18日(金)はプロのバイヤーのみ入場可能ですが、最終日の19日(土)には一般来場者にも開放されます。

Gourmet Zone (2017年8月17日~20日)
グルメ・ゾーンには70を超す出展者が参加します。「Asian Cuisine」、「Sweet Delight」、「Western Delicacy」、「Green Palate」といったテーマ別に、ハイエンドの食品・食材が多数展示されます。

Premium Food Zone (2017年8月17日~21日)
Public Hall内に設けられる「Premium Food」ゾーンでは、奇華餅家(Kee Wah Bakery)、安記海味(On Kee Dry Seafood)、大班麵包西餅(Taipan Bread & Cakes)、美心(Maxim's Caterers)、維特健靈(Vita Green)、余均益(Yu Kwen Yick)といった香港の大手地場ブランドが並びます。Public Hallには、カナダ、中国本土、日本、韓国、台湾などの国・地域別パビリオンが設けられます。

 

香港インターナショナル・ティー・フェア(2017年8月17日~19日)
第9回となる今回は、日本、中国本土、スリランカといった茶葉の産地を中心として世界各国・地域から200社・団体を超す出展者が参加します。前回の本見本市には世界から約1万5000人のバイヤーが来場しており、今年も同規模を見込んでいます。日本からは今回、東京都、富山県、静岡県、福岡県、佐賀県、長崎県、鹿児島県など7都道府県から計16社・団体が出展します(別紙「出展者リスト」参照)。各地のお茶、茶器の他に例年好評を博している茶室が今年も出現する予定です。また、会期中のインターナショナル・ティー・コンペティションでは、日本の出展者の受賞が期待されています。

本見本市は8月17日(木)、18日(金)はプロのバイヤーのみ入場可能ですが、最終日の19日(土)は一般来場者に開放されます。会場には茶葉、保存容器、茶葉加工設備、テスト・サービス、茶器など、さまざまな種類のお茶に関連する製品、サービスが一堂に展示されます。また、「Friends of Tea」ゾーンには、イーツ類、スナック類、ビスケット類など、お茶のお供に最適な食品類も展示されます。

会期中は、緑茶、ウーロン茶、紅茶(オーソドックス)、紅茶(クラッシュ、ティア&カール:CTC)、中国黒茶、プーアル茶などの部門別の優良製品をブラインド・テイスティングで選ぶ茶葉品評会「International Tea Competition 2017」も開催されます。香港、中国本土、米国、日本、台湾、スリランカなどから一級の茶葉専門家が審査員として招へいされます。また、試飲会、茶芸パフォーマンス、セミナー、バイヤーフォーラムなどの各種イベントが会場内で開催されます。

8月19日(土)には、毎年恒例の「国際金茶王(香港式ミルクティー)大会決勝戦」が開催されます。香港、広州、上海、深圳、北京、メルボルン、トロントの地区大会で優勝した強豪が集まり、「国際金茶王」の栄誉を手にするために戦います。同様に、紅茶とコーヒーを混ぜた「金鴛鴦」についても、「金鴛鴦大会2017決勝戦」が開催されます。一般来場者は茶の専門家による「Tea Forums」に参加し、ティー・セラピーや茶と禅、茶と食のペアリングなどについて深く学ぶことができます。

その他同時開催イベント
香港貿易発展局はまた、医食同源≪医(薬)も食(食物)も源は同じ≫、すなわち薬は健康を保つ上で毎日の食べ物と同じく大切であり、美味しく食べることは薬を飲むのと同様に心身の健康の要諦であるという中国医学の思想に基づき、『香港インターナショナル・ティー・フェア』『フード・エキスポ』の両見本市とともに、現代化中医薬国際協会(MCMIA)と共同で、第16回『現代漢方&ヘルスケア国際会議』を開催します。会場は両見本市と同じ香港会議展覧センター(香港コンベンション&エキシビション・センター)。会期は8月17日(木)、18日(金)の2日間。中国本土や香港、韓国、マカオなどから品質管理、薬学、商品化についての専門家が集まり、成功事例(ケース・スタディー)などについて討議、情報交換をします。

このほか、会場内では、香港の調理器具などの家電・日用品メーカーが一般来場者向けに商品を展示即売する第4回『香港家電&日用品展』(2017年8月17日~21日)、香港の美容・健康関連用品メーカーが一般来場者向けに商品を展示即売する第2回『ビューティー&ウェルネス・エキスポ』(2017年8月17日~21日)が同時期に開催されます。

2016年の開催実績
 出展者数 バイヤー数
第8回『香港インターナショナル・ティー・フェア』 245
(うち香港44) 15756
(うち香港8684)
第27回『フード・エキスポ』 1391
(うち香港410) 20717
(うち香港11997)
第15回『現代漢方&ヘルスケア国際会議』 n/a n/a
第3回『香港家電&日用品展』 150
(うち香港148) n/a
第1回『ビューティー&ウェルネス・エキスポ』 61
(うち香港57) n/a

【公式サイト(英語)】
『香港インターナショナル・ティー・フェア』 
www.hktdc.com/hkteafair/
『フード・エキスポ』 www.hktdc.com/hkfoodexpo/
『現代漢方&ヘルスケア国際会議』 
www.hktdc.com/icmcm/
『香港家電&日用品展』 www.hktdc.com/homedelights/
『ビューティー&ウェルネス・エキスポ』 www.hktdc.com/hkbeautyexpo/

写真ダウンロード
ジャパンパビリオン:
http://firestorage.jp/download/e30070d36f5136b04dc064fa85c2d23b340d4e2b
その他公式写真:https://www.dropbox.com/s/gdj1yvvrl745i7h/Food_HDE_BWE_Tea_2016.zip?dl=0

マスコミ関係者様からのお問い合せ窓口
本件に関するお問い合わせや取材のご依頼は広報担当の米岡(よねおか)までお願いいたします。
電話: 03-5210-5854(直)、03-5210-5850(代)
Email: 
satoshi.yoneoka@hktdc.org
 
【主催者について】
香港貿易発展局 (HKTDC) は1966年、香港政府により設立された準政府機関です。HKTDCとは、香港を活動拠点とする商社、製造業者、流通業者等の国際的なマーケティング活動をサポートする行政管理機関です。当局は、中国本土に13ヵ所を含めて世界各地に46カ所の事務所を設置しており、中国及びアジア地域での商業活動の行政的基盤として香港の発展に寄与しています。このほか、国際展示会、国際会議などを主催し、その特別任務を果たすことにより、中国本土や海外の各企業ならびに製造技師協会にビジネスチャンスの場を提供しています。さらには、貿易に関する出版活動、研究報告、メディアルームをはじめとするデジタル媒体を通じて貿易関連情報を発信しています。
英・中文サイト
www.hktdc.com 日本語サイトwww.hktdc.com/Japan

 fb